レア・アースで未来を拓く

文字サイズ

事業内容

三徳の技術

レア・アース総合メーカーとして世界をリードする

三徳がレア・アース分野に乗り出したのは1948年。それは、世界の先進国がほぼ時を同じくして新材料の可能性を求め、動きはじめた時期でした。
あれから半世紀以上、三徳は、原料から高純度化合物、各種合金まで一貫生産するレア・アース総合メーカーとして世界をリードする存在にまで成長を果たしました。
そしていま私たちは、単に素材としてのレア・アース開発だけにとどまらず、高機能マテリアルとしてのレア・アースの可能性追求に大きな夢をかけています。

レア・アース金属、合金製造のプロセスに独自のノウハウを
蓄積

三徳は世界で初めてレア・アースの溶融塩電解並びにレア・アース急冷合金の量産化に成功した事を始めとし、独自に製造プロセスのノウハウを積み重ねることで、特に合金組織制御技術を磨いてきました。特異な性格を持つレア・アース合金に対しユーザーのニーズをフィードバックしてハイレベルで組織制御した製品をご提供する事で、お客様に付加価値を認めていただいています。

 

PAGE TOP