レア・アースで未来を拓く

文字サイズ

事業内容

事業部について

電池材料事業部

豊富なノウハウをいかして日本の電池産業をバックアップします

ハイブリッドカーの未来を担うニッケル水素電池、日本の電子機器の将来を担うリチウムイオン電池。
その両方の素材物質をつくっている数少ない会社、それが三徳です。

製造品目

水素吸蔵合金(メタルハイドライド)

水素吸蔵合金

市販のニッケル水素電池に用いられます。ニッケル水素電池はリチウムイオン電池にくらべ安価で、最近ではハイブリッドカーに用いられています。まさに日本の次代を担う、合金です。

  • 詳しくはこちら
  • 製造工程はこちら

負極コイル

負極コイル

お客様のニーズに応じたニッケル水素電池用負極をコイル状でお届けいたします。

  • 詳しくはこちら
  • 製造工程はこちら

リチウム箔

リチウム箔

リチウムは非常にやわらかく、金属103元素のうちもっとも軽い(比重0.5)金属です。

  • 詳しくはこちら

製造工程

水素吸蔵合金、負極コイル

水素吸蔵合金、負極コイルの製造工程

最先端を支える素材づくり、そして資源を有効活用するリサイクル。

当事業部では独自の湿式法により得られた酸化コバルトを原料とした、コバルト酸リチウムの製造を行っています。また、限りある資源を有効活用するリチウムイオン電池からのリサイクルにも取り組んでいます。

業務内容

コバルト酸リチウムの製造

コバルト酸リチウムの製造

リチウムイオン電池の正極活物質。リチウムイオン電池はデジカメ、携帯電話、ノート型パソコン、携帯用音楽端末などに用いられています。

  • 詳しくはこちら

酸化コバルトの製造

コバルト酸リチウムの製造

コバルト酸リチウムの原料となる酸化コバルトの製造を行っています。酸化コバルトは電池材料事業部にてコバルト酸リチウムに加工され、出荷されます。

  • 詳しくはこちら
 

PAGE TOP